Sourcetree Git Ssh Key

Posted on  by admin

今回、GitLFSを利用したかったためSourceTreeからGitHubにssh接続しようとしましたがなかなかうまく行きませんでした、、、
成功したときのやり方を記します。

Today, you'll learn about SSH keys with Git. You'll learn what they are, how to generate one within SourceTree and how you can use it. Basically, you're goin. Jan 26, 2017 allowed SourceTree to generate the keys deleted the newly generated key files right away (in my case /.ssh/jacobandersen-Bitbucket and /.ssh/jacobandersen-Bitbucket.pub) and made copies of the correct key files (in my case /.ssh/idrsa and /.ssh/idrsa.pub) with the names above. Thus ending up with two identical sets of keys in my /.ssh.

SourceTreeを起動し、【ツール】→【SSHキーの作成/インポート】を選択します。

【Generate】を選択して、緑のゲージの下の空欄で適当にマウスを動かします。
マウスを動かしたランダム性からキーが作成されるようです。

キーができたら、
1.一番上の「Public key for pasting in to ....」ボックス内の長い文字列を全選択してコピーしてください。あとで使うので、テキストエディタなんかに貼り付けておくといいでしょう。

Git

2.【Save public ley】を選択し
「rsa_pub」と保存します。
保存場所や名前は任意です(保存場所は覚えておいてください)

3.【Save private key】を選択し
「rsa」と保存します。保存場所や名前は任意です(保存場所は覚えておいてください)
「rsa.ppk」ファイルが出来るはずです。
この時確認メッセージが出ますが、今回はパスフレーズは設定しないためそのまま【OK】を選択してください。

Sourcetree Git Ssh Key

SourceTreeで、【ツール】→【SSHエージェントを起動...】を選択してください。

何も起こらないかもしれませんが、Windowsのツールバーの「^」マーク(隠れているインジケータを表示します)を開くと、下のようなマークの「Pageant」というものがあります。それをクリックしてください。

Pageant Key List が開かれるので、【Add Key】を選択し、先程作成した「rsa.ppk」を選択してください。
キーの詳細が表示されたら【Close】

続いて、リモートリポジトリとなるGitHub側の設定です。
ブラウザでGitHubにログインし、【右上の自分のアイコン】→【Settings】を選択してください。

Sourcetree Git Ssh Key

PersonalSettings 内の【SSH and GPG keys】を選択し、【New SSH key】ボタンを選択。
「Title」内には任意の名前を、「Key」には前項「SourceTreeでのSSHキーの作成」1.でコピーしたキーの文字列をペーストしてください。

入力できたら【Add SSH key】を選択。「SSH keys」のリストに新たに追加されているのが確認できるはずです。

以上で完了です。

あとはGitHubからリポジトリをクローンするときにHTTPSではなくSSHを選択することに注意してください。

Git

(記事更新)
2019年3月時点でもこの方法で大丈夫そうです。不具合があれば教えてください。

Connect to your Bitbucket or GitHub accounts securely and with ease in the latest versions of SourceTree for Windows and Mac. These versions of SourceTree fully support OAuth 2.0. Users with Two-Factor Authentication (2FA) enabled can connect to both services via OAuth and be guided through the standard two-factor login flow. Navigate to the Account Management screen to update your already connected accounts from Basic to OAuth today!

Sourcetree Git Ssh Key Mac

Windows

Sourcetree Git Ssh Key

Mac

Also, gone are the days of manually creating and storing SSH keys via command line. Released in version 2.4 for Mac, SourceTree automates the whole process with a single click of a button. Whenever you edit an existing account or add a new one you’ll notice a new “Generate Key” button on the Account Details screen. Click that button and we’ll take care of the rest.

Sourcetree Git Add Ssh Key

Sourcetree Git Ssh Key

Sourcetree Git Ssh Key Windows

Download the latest versions of SourceTree for Mac and Windows and take advantage of these new features (and various bug fixes/enhancements) today!